故人の最後の晴れ舞台|葬儀を行なうなら優良会社を活用しよう

流れと参列要請

数珠

どの範囲まで呼ぶか検討を

葬儀場が比較的多いとして知られているのが、四條畷です。葬儀のスタイルは様々ですが、中でも家族葬が注目を浴びています。「家族葬」というのは「一般葬」とちがって原則的に知人を招かないスタイルの葬儀です。例外的に知人を呼ぶ場合は、生前に故人と親密な間柄であった人に限られ、かつ親族から要請があった場合のみ参列することが許されています。四條畷での葬儀においてもこの原則は同じです。さて、四條畷で「家族葬」を行う場合に親族が取る手続きの流れをみていきましょう。まず、どの範囲の親族を葬儀に呼ぶか、可能であれば当該故人が亡くなられる前に打ち合わせをし、リストの作成を行っておきましょう。四條畷の葬儀場についても、事前に家族葬の相場を確認しておきましょう。「家族葬」と一言に言ってもスタイルは様々です。近年になって新しく「一日葬」や「火葬」などお見送りスタイルもでてきています。それぞれの料金プランを確認し、葬儀場によってどういった内容が基本料金に含まれているかもチェックして決めておきましょう。ご逝去された際には事前に決めておいた葬儀場へ連絡し、お迎えの要請を依頼します。ご近所の方や知人に知られたくない場合の家族葬は、その旨を事前に業者へ伝えておくのも良いでしょう。知人や友人に知らせる場合は「家族葬」であることを伝え、参列や香典、供花を辞退する旨も合わせてお伝えしましょう。その後、お通夜と告別式を執り行います。すべての葬儀が終わったあとには、故人が生前にお世話になった方へ葬儀が無事に終わったことを報告して終了です。